賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスの大きなメリットは、購入したり建てたりするより少ない費用でオフィスを構えられるところです。自社専用のオフィスを購入するとなると、最低でも数千万、規模によってはそれ以上の莫大な費用が必要になります。しかし、賃貸オフィスを契約する場合に必要な初期費用は数百万円ほど、あとは月々の家賃を支払えばオフィスを構えることが可能です。また、もし事業の拡大や縮小があった場合、会社の規模に合わせてオフィスを移りやすいことも賃貸オフィスのメリット。手軽にオフィスを用意できるのが賃貸オフィスの大きな魅力と言えるでしょう。また、商業施設などと複合したオフィスビルに入居すれば、休憩時間や帰宅時に買い物などを済ませられるため、従業員の満足度も高められます。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスのデメリットは、賃貸物件の持ち主や管理・運営会社に左右される事柄があるということです。例えば、もし物件の所有者が物件のリフォームや修繕、清掃などを行うと決めたら、入居者はそれに従い、妨げにならないよう配慮しなければなりません。また、ほかの入居者と共有して使わなければならない部分もあるため、ときに順番待ちが発生するなどもデメリットと言えるでしょう。なお、賃貸オフィスはどれだけ長期間入居しても、あくまでスペースを借りているという立場は変わりません。もし物件がなくなるようなことがあれば立ち退き、また別のオフィスを探さなければならないでしょう。

中央区で賃貸オフィスを契約する場合、主要駅から徒歩圏内で探すことが出来ます。ワンルームからワンフロアタイプまで幅広く揃っています。