メーカーには得意分野がある

注文住宅は、施主の要望に合わせて間取りや設備を検討できる住宅です。現実としては予算などの制限を受けますが、壁紙やキッチンの蛇口など細かいところまで施主の意見を反映させることができます。それでは建築を依頼する住宅メーカーはどこでもよいのでしょうか。メーカーにはそれぞれ得意分野があるので、施主の価値観と合うメーカーを選択するとよいでしょう。

具体的には、狭い土地でも効率的に暮らせる物件を得意とするメーカーがあったり、長期間の保証をアピールするメーカーがあったりします。北欧風の家を建てたいのであれば、それを得意とするメーカーに依頼するのが最適です。各メーカーの得意分野を知るには、公式ホームページをチェックしたり住宅展示場でモデルハウスを見学したりす方法が定番です。

建てたい家のイメージが大切

住宅メーカーの得意分野を把握てきても、自分の好みが明確でなければ評価できません。注文住宅を建てたいと思ったら、メーカーを意識する前にどのような家に住みたいのか具体的に考えてみましょう。設計士のような専門知識はなくてもよいので、家の外観や内装、設備などについて実現させたい要素を検討します。知人の家を部分的に採用したり、雑誌などで見かけた写真を参考してもかまいません。このようにイメージを明確にしていくと、どのようなメーカーを選ぶべきなのかわかりやすくなります。

イメージを設計に反映させるためには予算が強く影響するので、住みたい家をイメージする過程で予算も具体的に検討するとよいでしょう。漠然としたイメージしかわからないとしても、メーカーのスタッフと打ち合わせをする過程で明確になるので安心してください。

全国でみると、3000万の家という価格は平均値です。家の空調設備や庭など、こだわりたいところにお金をかけることができる価格です。