賃貸オフィスに必要な広さを考える

賃貸オフィスは、広すぎれば賃料の負担が重くなりますし、狭すぎると仕事をするスペースが足りずに作業効率が悪くなります。物件を選ぶときには、働く従業員の人数に応じて必要な広さを考えていきましょう。一般的に一人に必要な作業スペースは3坪から4坪と言われています。これを参考にすれば、全従業員の作業スペースが計算で出せます。あとは、書類棚やコピー機など共用するOA家具や家電を設置するスペースであったり、役員室・会議室・応接室などを足し合わせていけば、賃貸オフィスに必要な広さがわかります。

立地で譲れない条件は何かを考える

賃貸オフィスを選ぶ時、立地で重視するポイントは何かを考えなければ、比較検討ができません。立地に関わるポイントと言えば、エリア、交通の便、賃料といったことが挙げられます。エリアは一等地にある賃貸オフィスであれば、商談がしやすくなりますし対外的な信用も高まります。交通の便については、移動のしやすさに関わることですから、通勤や営業に影響がでます。賃料は高くなれば経営に負担をかけることになりますが、削りすぎるとエリアや交通の便が悪くなるでしょう。以上のことを踏まえて、譲れない条件は明確にしていれば、後悔のしない物件選びができます。

契約は細部まで確認する

賃貸オフィスを借りるとき、物件そのものには問題がなくても契約で借主に不利となる事柄が含まれている可能性があります。例えば、原状回復義務について、借り主の負担範囲がどこまでなのかは契約によって異なります。もし、原状回復の範囲が広ければ、出ていくときに工事費用を多く負担することになるでしょう。オーナーと認識のズレが生じないように、契約は細部まで確認し、すり合わせを行う事が必要です。

港区で賃貸事務所を探すと、ワンフロアタイプの物件から1棟契約の物件までいろいろなタイプの事務所を見つけることが出来ます。