便利な反面、家賃の負担は増す

駅近は、駅利用者にとって非常に便利な存在で積極的に物件を探す人も少なくないでしょう。しかし立地が良く、人気が高いために家賃も割高の設定になっていることがままあります。何よりも駅への近さを重要視するのなら高くとも住む価値がありますが、そうではない場合や家賃負担を少しでも減らしたい場合、敢えて駅近を回避した方が良いこともあるはずです。少し離れるだけならそれほど不便にはなりにくく、家賃も安く済み毎月の負担を減らせる可能性が高いです。どこまで駅近を重視したい気持ちがあるのか、一旦冷静になって考えてみると良いでしょう。

安心感を持ちやすい一方、騒音の原因にも

駅付近は環境が明るく、夜間でも人通りがあることで、女性の一人暮らしもしやすいという良さがあります。賑やかでもあるため、寂しがり屋な人にも良いかもしれません。しかし裏を返せば、騒々しい場所と捉えることもできます。人や車、電車による騒音が気になってしまうという人も中にはいるでしょう。静かに集中したい時や具合の悪い時など、駅近の賑やかさが裏目に出ることもあり得ます。ただ中には二重窓を採用し、騒音に配慮のある設計になっている物件もあるため、駅近でも静かな環境を保てることもありますよ。

密集地帯の利点と欠点

駅周辺は商業施設も多く、便利に暮らすことができます。多様なジャンルのお店が立ち並びますので、付近での時間潰しもしやすいでしょう。ただ、便利な場所ゆえにたくさんの建物が密集しており、その影響で日当たりが悪くなったり、隣の建物が近くて窓やカーテンを開けられなかったりすることもあるのです。特に気にならない人からすれば欠点にはなり得ませんが、生活上の不便に感じそうな人は注意してみると良いでしょう。

千歳の賃貸には比較的珍しい3LDKの物件が多く、相場も6万円台と破格な物件もあり、家族で暮らすのにお勧めです。